テニスのラケット(グリップ)の握り方

   

グリップの握り方にはいろいろな種類がありますが、ここでは代表的なものをいくつか紹介します。

下の図はラケットを下から見たときのグリップを模したものです。

(※図は後日入れます)

 

親指と人差し指でV字をつくったとき、どこの部分に当たるのかを説明するために数字を振ってあります。

グリップの握りで厚い握りとか薄い握りって言葉を聞いたことがありますか?

打つときに手首を丸めるようにして打つグリップを厚い握りといいます。

一般的にはネットプレイヤーは薄いグリップ、ベースライン・プレイヤーは厚い握りでプレーするのが適しています。

まずは薄いグリップから書いていきます。

テニスのグリップ

コンチネンタルグリップ

親指と人差し指のV字が1と8の間の角に来るように握るとコンチネンタルグリップとなります。最も薄い握りで包丁のように上から握っていくのが特徴です。

手首を自然な状態にするとラケット面が少し上を向きます。これはスライス回転が打ちやすく、ドライブ回転が打ちにくいです。

力は入りにくいですが、ボレーやサーブではこの握り方が多用されています。

握り方を変えないでバックハンドに移行できるのでとても便利なグリップです。

イースタングリップ

ラケットと握手するように握るのでシェイクハンド・グリップとも呼ばれます。

ラケット面と手のひらの向きが同じなので手の延長の感覚でラケットを扱えるのが特徴です。

手首を自然な状態にするとラケット面は地面と垂直になります。

コンチネンタルグリップよりは力は伝えやすいです。面のタッチ感覚が良くて扱いも簡単なので初心者の人が最初にするといい握りですね。

セミウエスタングリップ

親指と人差し指のV字が2に来るように握るとセミウエスタングリップです。

手首を自然な状態にするとラケット面は少し下を向きます。ドライブ系のストロークは打てますがサーブやボレーにはあまり適していません。

ウエスタングリップ

親指と人差し指のV字が2と3の間の角に来るように握るとウエスタングリップです。

これは手首を自然な状態にするとラケットが下を向きます。

 

バックハンド・イースタングリップ

親指と人差し指のV字が8に来るように握るとバックハンド・イースタングリップです。

 

 

最後に

グリップは薄くなればなるほど打点が後ろになり、厚くなればなるほど前になります。

また、グリップを握るときは小指に力を入れる程度で軽く握りましょう。

力を入れて握るとコントロールが悪くなります。インパクトの瞬間だけ力を入れるイメージでプレーするといいですね!

 - テニスの基礎・基本 ,