サーブについて

      2016/04/16

ここではサーブ全般について解説していきます。

サーブの役割

サーブはテニスのいろいろなショットの中で唯一のクローズドスキルです。

クローズドスキルとは、打球の強弱、タイミング、方向などを自分だけで決めることができて相手の影響がない技術のことをいいます。

ちなみに、これとは反対に相手からの打球をボレーやリターンすることなど、相手の影響を受ける技術をオープンスキルと言います。

クローズドスキルであるサーブは最初から最後まで相手の影響を受けないので本来はミスが少ないはずです。

でも、これが意外と曲者なんですね〜(^^;)

サーブはその出来具合で試合の流れが決まるほど重要なショットです。

それに相手の弱点を最初から狙えるのも大きなポイントですね。

逆に弱いサーブが相手の得意コースに入ってしまうとかなり不利な状況になってしまいます。

自分を優位に立たせて試合の主導権を握るためにも、サーブで先手を取ることが大切です!

テニスの試合を見ているとサーブのフォームは人によって違って、いろいろな打ち方があることがわかると思います。

サーブはテニスのショットの中でも1番個性が出るショットだと私は思うんです。

でも、当然そのサーブにも基礎はあります。テレビに出てくるような有名なプレイヤーはその基礎をもとに、自分のオリジナルのフォームを作り出しています。

なので初心者の人はまずは基礎がシッカリできるようにしましょう!

 

★後日追記予定★

  • ファーストサーブとセカンドサーブ!
  • サーブの構え・グリップ
  • サーブの基本スイング
  • 超重要! トスについて

 - サーブ・リターン