ミスの多いスマッシュについて

      2016/03/22

テニスにミスは付き物ですが、そんなミスもスマッシュの構え・グリップの握り方に注意するだけでだいぶ改善されます。

そこで、まずは最初に構え方・握り方について説明します。

スマッシュの構え・グリップの握り方

グリップの握り方はボレーと同じくコンチネンタルグリップが1番いいですね。

自分の打ちやすい握り方を探すのもいいと思いますよ。

相手からのロブが落ちてくるところをサーブのように打ち返すショットをスマッシュといいます。

意外とミスが多いショットでもあります。

スマッシュは構えている状態からすばやく打点に入ることが大切です。

ボールが飛んできたらすばやく移動して構えましょう。相手が打つ瞬間にスプリットステップをしましょう。

山なりのボールが飛んできたら左手でボールを指すようにしながらラケットを構えます。

絶対に後ろを向いて移動してはいけません!ボールの動きをチェックしながら移動しましょう。

 

★後日追記予定★

  • 基本的なスマッシュスイング
  • ジャンピングスマッシュ
  • グラウンドスマッシュ

 - ボレー・スマッシュ