ボレーの基礎・基本

      2016/04/08

ボレーはネット付近でノーバウンドでボールを打ち返すショット、スマッシュは上からサーブのように振り下ろす攻撃的なショットです。

どちらもネットの近くから打ち返すため、とっさの判断力が必要ですね。これが決まるとメチャクチャカッコイイし、試合も盛り上がります!

最初はタイミングが難しいですが、何度も反復練習をすることで実力がついていきます!

ボレーの構え・グリップの握り方

まずグリップの握り方ですが、コンチネンタルグリップが1番打ちやすいと思います。

ボレーは相手からのボールをネット際でノーバウンドで返球するショットです。

そのため、相手からのボールを打ち返すまでの時間の余裕がありません。

すばやく的確に面をセットし打ち返す必要があります。そのためテイクバックも小さくします。

相手が打つ瞬間にスプリットステップしてフォアかバックかすばやく判断します。

横向きになって小さくテイクバックしましょう。

フォアハンドボレー

テイクバック

相手のボールをフォアで打ち返すと見極めます。まず右肩を引き始め、右足に体重を乗せます。ボールの高さとコースも見極めます。

テイクバックをしラケットヘッドを上げます。テイクバックは小さくしましょう。

その理由は時間の余裕がないこと、飛んでくるボールの勢いを利用して打ち返すこと、ラケット面を安定させミスを減らすことなどがあります。

ひじを曲げて脇をしめると同時に手首を手の甲の方に曲げるようにして面を作ります。

この形を保ったままスイングすれば相手のボールの勢いに負けません!

フォワードスイング

ラケットを打点よりも高くセットしてやや下方向に向かってスイングします。インパクトまでシッカリとボールを見続けましょう。

ボールから目を離すとボレーは打てません。左足で踏み出し始めます。

インパクト

左足を前に踏み出して左足より前でインパクトします。

このときの注意点としてはラケットヘッドを下げないことと脇をしめることです。

インパクトの瞬間にグリップを強めに握り面がずれないようにする。左手を上げてバランスを取りましょう。ほぼ垂直の面でボールをとらえます。

フォロースルー

脇をしめたままひじと手首の角度をかえずにラケットを前に押し出します。

左足に体重を乗せていきラケットを止めましょう。
★追記予定★

  • バックハンドボレー(片手)
  • バックハンドボレー(両手)

 - ボレー・スマッシュ