あらゆる状況に備えたショット集

      2016/04/04

ここでは様々なショットをご紹介していきます。

ロップショット

ロブとはネット付近の相手の頭上を高いボールで越すショットです。

相手が優勢な状況でも一発でポイントを取れる可能性がある魅力的な技術ですね。

これは私が苦手なショットなんでちょっと詳しく書こうと思います。

ロブの原則

まず原則としては相手のバックサイドを狙うことです。

ほとんどの相手はこれで返しにくくなるはずです。ロブを落とす場所は深ければ深いほどいいですが、当然アウトしてはいけません(笑)。

この技術が少し難しいんですね〜。

深いロブが打てれば相手を下げることができるし相手を走らせることもできます。

逆に低かったり浅かったりすると相手のチャンスボールとなってしまうので禁物です!

ロブショットの使い方

ロブにもいろいろな回転のボールがあります。

フラット(無回転)、ドライブ(順回転)、スライス(逆回転)の3種類が自由自在に打てるようになったら相当なスゴ腕だといえると思います!

実際ロブで回転を操るのはかなりの技術が必要となります。マスターするのなら相当量の練習が必要となりますね。

難易度としてはフラットが1番簡単でその次にスライス、1番難しいのがドライブとなります。

フラットは初心者の人でもコントロールが割とできるようになると思います。

スライスはロブを打つのか他のショットを打つのか相手は予測しにくいです。これはフォームがほとんど同じだからですね。

ドライブはかなり攻撃的なロブだといえます。

相手の頭上を越え急激に沈むので相手は追いつくことができません!

最強のロブともいえますが、コントロールはかなり難しいです・・・(^^;

フラットロブ

無回転のロブは習得するのが1番簡単なので最初はこれを練習しましょう。

ボールを上にポーンと打ち上げるだけですが、どのくらいの力加減でどのくらいの高さまで上がり、どのくらいの距離飛ぶのかは個人の感覚の問題なのでここで説明することはできません。

自分で体に覚えこませるしかないです。打って打って打ちまくるしかないですね。

ラケットは低く構えましょう。テイクバックは小さめにして斜め上に伸び上がるようにして打ちます。

ラケットを上向きにしてインパクトします。フォロースルーは途中で止めるイメージがいいですね〜。

ここら辺は普通のストロークとはだいぶ違います。

スライスロブ

スライスのロブはスライスのストロークとフォームが近いため、相手にどっちで来るか相手に見破られないように打ちやすいです。

でも回転をかけるわけですから、ある程度のスイングスピードがないと上手く回転がかかりません。

フラットのときよりも腰を高くしても大丈夫です。スイングはスライスのストロークよりもやや上向きにします。

ラケットの面も上向きに寝かせ気味にしてインパクトしましょう。

スライスはボールを運ぶようなイメージでフォロースルーします。フォロースルーは低くおさえましょう

トップスピンロブ

テニスにはいろいろなショットがありますが、ひょっとしたらこのショットは1,2を争うほど難しいかもしれません。

それだけに相手に与えるダメージはかなりあります。ドライブ回転のロブは特殊で、ストロークと同じようにテイクバックします。

ラケットの面でボールを高くこすり上げるようにして打ち上げます。フォロースルーは十分にとりましょう。

そうしないとボールが浅くなって相手のチャンスボールとなることが多いです。


 

ロブは技術としては難しいほうですが、レベルの高い試合では打てないと厳しです。ロブは感覚がものをいうショットなので感覚がつかめるまでどんどん練習しましょう!

 

★後日追記予定★

  • ドロップショット
  • アプローチショット
  • パッシングショット
  • 強打-スピードのあるストロークの打ち方!

 - ストローク