ストロークについて

   

初心者でもテニスを楽しむためにはストローク技術不可欠なものです!

多分1番最初にストロークを練習する人も多いかと思います。

ストロークに限らず、すべてのショットは練習すればするほど上手くなっていくので、壁にぶつかってもあきらめずに頑張ってください!

基本的なスタンスとは

スタンスとは打つときの足の位置のことで、代表的なものは下の3つです。どれが1番いいということはなく、打つときの状況で使い分けられるようになればいいと思います!

スクエア・スタンス

打つときの両足のつま先を結んだ線がボールを打つ方向になっているのがスクエア・スタンスです。

このスタンスを基本に練習するといいと思います。

このスタンスだと体がボールを打つ方向に対して横向きになるためテイクバックがしやすく、体のひねりを使って打ちやすいので理想的なスタンスであると言えます。

クローズド・スタンス

打つときの両足のつま先を結んだ線がボールを打つ方向より右に向いているのがクローズド・スタンスです。

このスタンスだとテイクバックが大きくなりパワーは出ますが、逆にフォロースルーがしづらくなります。

このスタンスを意図的に使う場面は少ないかと思いますが、外側にドライブ回転をかけたりするときには便利です。

オープン・スタンス

打つときの両足のつま先を結んだ線がボールを打つ方向より左に向いているのがオープン・スタンスです。

というか、左に向いているというよりも正面を向いてボールを打つときのスタンスといってもいいと思います。

このスタンスだとスイングが難しく、腕の力に頼ることになって手打ち状態になりやすいのですが横を向く時間を省くことができるためテンポの速い試合ではすばやく動くことができます。

一般的にはこのスタンスはあまりよくないとされていますが、私はマスターできればかなり使えるスタンスであると思います!

フォアハンドストローク

テイクバック

まずテイクバックですが、ラケットを引くときはまっすぐ引きましょう

ラケットが上下するとストロークが安定しません。レディポジションで待ちます。

このとき左肩を軽く前に出すとテイクバックがしやすいです(右利きの場合)。

左足を前に踏み出します。左手は飛んでくるボールをつかむように軽く伸ばします。

重心が右足方向から左足方向に移動します。このときに右足でシッカリと地面を蹴って左足で踏み込みましょう。そうすればボールに上手くエネルギーが伝わります。

フォワードスイング

フォワードスイングとはテイクバックからラケットとボールが当たるまでのスイングのことを言います。

脇があきすぎないように注意してください。

脇があくと手打ち状態となり、力が上手く入らないしストロークも安定しません。

また、右足に体重が残っていると力強いスイングができません。体重移動は重要です!

上半身をひねってラケットを振りましょう。

インパクト

右利きの人は当然右手でラケットを持ちますが、右手だけを意識していてはいけません。

多くの人が左手をないがしろにしていますが、左手はテニスをする上でとても重要な役割を持っています。

インパクトのとき左手は後ろに回してはいけません。ボール方向に保つようにして体の前でとめます。

左手が後ろに回ってしまうと体が開いている状態になり、強いボールが打てません。

また、インパクト時の打点の高さはグリップの握り方によって違います。高すぎても低すぎても力は入りません。

フォロースルー

もう打った後なんだからどう動こうが問題ないだろうと思っている人もいるかと思いますが、そんなことは全くありません。

フォロースルーがストロークを決めると言ってもいいほど重要なところです。

左肩を早く開かないようにしましょう。このときには右足にはほとんど体重はかかっていません。ラケットは左肩の上のほうにスイングします。

※フォアハンドストロークのワンポイント※

フォアハンドストロークはテニスを始めるときに1番始めに練習する人が多いと思います。

あらゆるショットの中で1番基本的なものですが、それと同時に乱れやすいショットでもあります。でも基本をおさえておけば怖くはありません!

バックハンドストローク(片手)

バックハンドストロークは片手で打つ人と両手で打つ人がいますね。

極まれにフォアハンドを両手で打つ人がいますが、それは割愛させていただきます。

私自身打てないので・・・(^^;)

片手・両手それぞれ長所・短所があるのでまずその説明からします。

片手打ちの長所

  • 両手打ちよりもリーチが長い
  • 低いボールの処理がしやすい

片手打ちの短所

  • ドライブ回転が打ちにくい
  • ボールが高いと力が入りにくい
  • 両手打ちよりも力が弱い

両手打ちの長所

  • 片手打ちよりも力が入りやすい
  • 習得しやすい

両手打ちの短所

  • リーチが短い
  • スライス回転が打ちにくい

などが挙げられます。

テイクバック

フォアハンドと同じようにレディポジションで待ちます。ラケットを両手で引きましょう。

腕だけでなく上半身も左にひねります。グリップチェンジもこのタイミングです。右足を斜めに踏み出します。

上半身を十分にひねり、右の肩越しにボールを見ましょう。

フォワードスイング

フォワードスイングに入るまでに上半身をひねっておかないと上手く力が伝わりません。フォワードスイングで片手持ちになります。

インパクト

インパクト時は上半身の回転を止めて腕だけを振るようにします。

上半身は横を向いたままでネットに向いていない状態が理想です。

また、上半身の回転を止めることによりラケットのヘッドスピードも速くなります。ひじを伸ばしてインパクトします。

バックハンドはフォアハンドよりも調整が難しいです。

インパクトポイントがずれると打球が大きくずれてしまうので慣れるまでは難しいですが、慣れてしまえばひとつの流れとして無理なく打てるようになります。

フォロースルー

右足に体重のほとんどを乗せます。

このときラケットは右肩の上方に伸びています。上半身も完全には回さないである程度残しておきましょう。

※バックハンドストロークのワンポイント※

片手のバックハンドは両手よりも安定感がなく難しいです。

テニスを初めてやるという人はまず両手打ちから始めることをオススメします。

でも両手打ちが合わないという人もいるので、片手での練習もしてみるといいと思いますよ。

片手打ちの方が向いているということも意外とあります。ちなみに私は片手打ちです。

 

★後日追記予定★

バックハンドストローク(両手)

 - ストローク